美人なのに彼氏ができない女の特徴

大抵の男は美人が好きです。
女は顔が全てだ、と思っている男も少なくありません。
なのに、何故か、彼氏に恵まれない綺麗な女性はたくさんいます。

みなさんの周りにもきっといるのではないでしょうか。

今回は美人なのにあまりもてない女性の特徴について解説したいと思います。

スポンサーリンク

モテる美女の条件

これは男にも言えることですが、モテる女の条件は2つしかありません。

それは差別化ができているということと、十分な出会いがあるということ。

つまり、美人なのに彼氏がいない女性は以下の二つの条件のどちらか、あるいは両方を満たしてしまっている可能性が非常に高いです。

  1. 出会いがない
  2. 差別化ができていない

1の出会いがない、というのは、よく理解できるのではないでしょうか。
いくら美人でも、家に引きこもってばかりだったり、男性のいない職場や学校にいたのでは、彼氏を作ることはできません。これは当たり前ですね。

が、ブスの恋愛戦略でも、申しあげたとおり、2の差別化、という視点がおそろかになっている人は、非常に多いように思います。

十分な出会いはある。なのに、彼氏ができない。告白されない。
そんな若い女性が存在するのは、いろんな意味で非常にもったいないことです。

競合を避けるための差別化

例えば、あなたが綺麗なロングヘアの似合う美人さんだったとします。
しかし、周囲にあなたと同じか、あるいはそれ以上の美女がたくさんいる場合を考えてみてください。

当然、男の視線は分散されるため、あなたに声がかかる可能性は低くなります。モデルや女優など芸能界ではよくある話ですね。

普通に暮らしていればモテモテ人生を送れるに違いないほどの美人でも、芸能界では、パッとしない場合が多いのは、競合相手が多いからに他なりません。
勿論、これは芸能界といった特別な環境だけに限った話ではありません。

競合を避けるための差別化と競争率、という考え方は、一般社会においても非常に重要です。

例えば男性には、ルックス重視派と中身重視派がいますが、どちらの割合が多いかは、この際、さておいて、仮に、以下のような職場があったとします。

  • 独身男10人中、ロングヘア好き0人。ショートヘア好き10人

この時点で、ロングヘア美人であるあなたは、職場の独身男性に対するアピール度は、それほど高くない、と言えます。
勿論、上記のような極端な例はまずないでしょう。大抵は半々の割合になるものと思われます。つまりロングヘア派の男が5人だとします。

こういう職場だったら、あなた(美女)は、彼氏ができるでしょうか。
その5人の視線を独り占めすることができるでしょうか。

つまり、ここで、重要になってくるのが差別化、そして競争率、というキーワードです。

もし、職場にロングヘア美人と呼べる存在があなた一人ならば、5人の男の視線を独占できます。

が、もし仮にもう一人、あなたと同じタイプの美人がいたら?
その女性のほうが、愛嬌やコミュニケーション力に優れていて、男受けのする性格だったら?

もう、お分かりでしょう。この場合も、あなたに男性の視線が集まる可能性は低いと言えます。

下手すれば、5人全員の心があなたとは別の女性、つまり競合相手ののほうへ向いてしまうことにもなりかねません。

何故か彼氏ができない美人がとるべき戦略

ここまでの話で、もう理解してもらえたと思いますが、一応、何故かモテない美人さんがとるべき行動をまとめてみます。

  1. 出会いが十分でないなら、今までいかなかったような場所に顔を出してみる
  2. 出会いが十分なのに、男から声がかからないなら、差別化を図ってみる

2の差別化を図る、とは、簡単に言ってしまうと、イメチェンする、ということです。

あなたの髪型がこれまでロングだったらショート気味にして見る。これで仮に周囲の男にショート好きの割合が多かったなら、より強くアピールできます。

また、前述したように、あなたと似たタイプの美女が周囲にいるなら、男性の視線が分散してしまっている可能性があります。
競合を避けるという意味で、髪型を変える、と言ったイメチェン行為は非常に有効です。

勿論、イメチェンの手段は、問いません。髪型でなくても構いません。性格的な部分、例えば、もっと笑顔を増やしてみようとかでもいいでしょう。

差別化とは言い換えれば、個性を出す、ということです。
周囲の女性にはない部分をアピールする、ということです。

美人である、というモテる女性の一番の利点を持っている人なら、差別化という戦略を取り入れるだけで、すぐにでもモテモテ人生を送ることができるはずです。

スポンサーリンク