男友達や彼氏の作り方|有効な心理テクニックまとめ

彼氏が欲しい、と思ってはいても、よほどの美人で一目惚れとかされない限りは、まずは話すきっかけを作ることが必要です。
次に、仲良くなる。友達以上の関係になる。そして告白するあるいはされる…となるのですが、と考えると、彼氏の作り方と男友達の作り方は、根幹の部分では同じと言えます。
違うのは相手を選り好みするか否か、といった点だけでしょうか。

スポンサーリンク

何故、その男と友達になりたいのか

とある男性と仲良くなりたい、と女性が思う場合、3つの理由が考えられます。

  1. 単純にその相手と一緒にいると楽しいから(ても恋愛対象ではない)
  2. 恋愛対象として興味がある
  3. 好きな人と仲のいい男。踏み台としては最適

1の例の場合、悩む必要も恋愛テクニックに頼る必要もないでしょう。
一緒にいて楽しい、と思っている時点で相手のキャラクターは少なからず分かっているのだろうし、その上で恋愛対象ではない、ということはルックスなどが問題なのでしょう(笑)から、当然、そういった相手に対して、心理テクニックを用いる必要性はあまりないと言えます。
普通に話かければ、いいと思うし、特に緊張して話せない、ということもないはずです。

しかし、2の恋愛対象となりえる男性が相手だと、途端に緊張してうまく話しかけられなくなったりするのが乙女心というか、男女共通の心理でしょう。
なんとか頑張って話しかけてみるものの、あまり会話は続かず、話しかけるきっかけもなかなか作れない。
会話を続かせる基本テクニックは、会話下手を克服する方法の後半で、簡潔にまとめてあるので、そちらを参考にしてもらうとして、ここでは如何にして会話をする仲になるか、話すきっかけをどのようにして作るか、という点について、述べます。が、これは3のパターンとかぶりますが、気になる男性の友達とまずは友達になる、というのが一番手っ取り早いです。

好きな男性の親友と仲良くなっておけば、友達の友達は友達、という単純な人間心理から、会話をするきっかけに困ることはなくなります。

ちなみに好きな男の友人というのは、何も男である必要もありません。女でもOKです。
つまり、クラスや職場で人気の女性と友達になっておけば、知らず知らずのうちに、周囲の男たちから話しかけられる存在に、簡単になることができます。

将を射んと欲すれば先ず馬を射よ、という諺がありますが、これって実は多くの人が実践しているわけで、男にとっても狙っている女性の親友(=あなた)というのは、まずは友達になっておきたい存在でもあるわけですね。

最強の恋愛心理テクニックとは?

最強の恋愛テクニックとは、ずばり単純接触効果と呼ばれるものです。
言うまでもなく、人間、一緒にいる時間が長ければ長いほど、相手に愛着がわき、恋に落ちやすくなります。

よく恋愛心理学の話題に出てくるギャップ効果や吊り橋効果も、一緒に過ごす時間が短ければ、そうそう発揮できませんから、当然ですね。

つまり、好きな男を確実に落としたいと思うなら、まずは、共に過ごす時間を増やすことが非常に効果的な戦略である、と言えます。
綺麗な女性の友達になると、比較されたり、踏み台として利用されたりと、いろいろとプライドが傷つけられる、というデメリットもありますが、それ以上にメリットもあります。

あなたが好きな男性が、あなたの親友を好き。
これは非常につらい状況ですが、考え方によっては大きなチャンスなのです。

恋の相談に乗ってあげているふりをして、一緒にいる時間を増やせば、人間である以上、いつのまにか情が移って、気がつけば相手の男性があなたを好きになる、という可能性は否定できません。

ただし、時間がかかるため、その間、もしかすると相当つらい思いをすること、そして必ずしも成功するわけではないことを考えれば、そこまでする必要があるか、については、人それぞれ意見の分かれるところでしょう。

ただ、それほど美人ではないのに、なぜか彼氏に困らないような女性は、こういった地道でつらい作業を、同時進行で水面下で行っているものだということもお忘れなく。

努力もせず、欲しいものが手に入るのは、本当に限られた人だけ。
世の中、本当に理不尽なものですが、愚痴ばかり言っていても何も得るものはないので、前向きに頑張りましょう。

スポンサーリンク