それほど可愛くない女がモテる理由

世の中には、決して美人ではなく、スタイルが良いわけでもなく、しかし、それでも男受けが良い女性が存在します。

皆さんの周りにもいませんか?
思い浮かべてみると、意外とたくさん見受けられるのではないでしょうか。

決して美人とは言えない人が持てるのは決して偶然ではなく、そこには確固たる理由があります。

今回はそういった女性がモテる理由を2つほど挙げてみます。

スポンサーリンク

美人じゃないのにモテる女の特徴

まず、それほど可愛くないのにモテる女性共通の特徴をあげると、皆総じて愛嬌があるということです。

愛嬌がある、言い換えれば、いつも笑顔で明るい(そうな)性格、ですね。

そういった女性がモテる理由の一つ目は、癒し系であること。

男が彼女や結婚相手に求めるものは、ルックスが一番、と考えてる人もいますが、昨今の男は、精神的なものを女性に期待している人が多いです。

特にその代表ともいえるのが癒しや安らぎといったキーワードであらわされるもの。
一緒にいて楽しいとか、リラックスできるとか、そういったものを女性に求めている男性は少なくありません。

そんな男たちにとって、愛嬌のある女性は非常に魅力的。
多少、ルックス的に難があったとしても、痘痕も靨という諺にもあるように、好きになってしまえば、それほど気になりませんから、デメリットよりもメリットのほうがはるかに大きいと言えるわけです。

男はプライドの生き物である

また、ルックスはいまいちでも可愛げのある女性と言うのは、それほど競争率が高く見えません。
男からすれば、誠意をもって告白すれば、必ずその気持ちに応えてくれそう。

そんな雰囲気が、笑顔の素敵な女性にはあります。

特に自分にいまいち自信がモテないような男にとって、彼女たちが見せる優し気な笑顔は、勇気の源。

「こんな俺でも彼女なら受け入れてくれるに違いない」といった妄想を抱かせるに十分な効果があります。

また、自分のルックスに自信満々のイケメン男はフラれたくないという気持ちが人一倍強いです。

そんな彼らにとっても、ルックスがそれほどでもない女性というのは、「浮気されそう」とか「他の男にとられそう」といった心配をする必要がありません(正確に言うと必要がないと男は思っている)。

美人じゃない=競争率が低い、というイメージがあるのか、いずれにせよ、プライドが傷つけれる心配がないわけです。

また、ルックス自慢の男と言うのは、中身が伴わない人が多く、彼らは、内心そのことが他人に知れるのを恐れていたりします。
彼女が美人じゃないなら、「ルックスは自分のほうが良い」という優越感で、内面に対するコンプレックを相殺することができて、対等か、あるいはそれ以上の関係性が保てそう、なんて考えていたりもします。

つまり、自分の唯一無二の長所である「ルックス」が、武器として使える、という点で、非常に好都合な相手と言えるわけですね。

美人じゃない愛嬌の良い女性に群がる男の特徴

以上、まとめると、それほど可愛くない女性に恋するタイプの男の特徴は、ほぼ間違いなく、以下の条件を満たしています。

  1. 美人じゃない女=独占できる女、だと思っている
  2. コンプレックスを持っている
  3. イケメンなら中身がない男が多い
  4. プライドの高い亭主関白な性格
  5. 恋愛経験がそれほどない

独占欲が強く、自分に対して実はあまり自信がなく、それでいてプライドが高い。

そんな男は非常に多いです。

そしてそんな男にとって、美人じゃないけど愛嬌のある女性と言うのは、まさにうってつけの存在。

結局、浮気をする女はルックスに関係なくするだろうし、笑顔が優しげだからと言って本当に優しいわけではありません。

恋愛経験を重ねると、そういうこともだんだんわかるようになるのでしょうが、恋愛経験の乏しい若い男にそれを求めるのは、無理があるのかもしれませんね。

スポンサーリンク